1. HOME
  2. 日々の作業 繰り込み

日々の作業 繰り込み

筆の毛先(穂首)を作る職人さんが穂首を完成させました。
筆の軸に穂首を接着する職人さんへとバトンタッチ!

という事で、本日は、「繰り込み(筆の軸に穂首を接着する作業)」のお話し

軸の内側に刀を当てて完成した穂を「繰り込み」するところです。
と文章にするとイメージ伝わりやすいでしょうか。

因みに穂が軸にどれくらい繰り込まれているかというと…
平均的には穂の直径分くらいが軸に入っています。

穂の直径に合わせて軸に入れる時ブカブカでもキツくてもNG
軸にも木軸・竹軸・プラスティック軸(プラ軸と言います)がありますが刀でゴリゴリしていると
パキッと割れやすいものもあり、気をつけながら刃物を当てます。

力加減がとても難しい工程です。
※いずれ動画でもご紹介したいと思ってます!

改めて、本日の写真
画像下側の筆が途中経過の筆で、完成すると画像上側になります。

軸のラベル(正確にはレッテルといいます)があるものとないもの
並べると同じ筆には見えないですよね。
どちらも「流泉」という筆になります。

筆は、通常各工程ごとに分業制で作られます。
弊社の工房では職人に、各工程全てを経験してもらっています。

次の職人さんの工程を理解しているからこそ、よろしくねという気持ち
また、前の工程を理解しているからこそのリレー

昔から何も変わらない筆作り
弊社では、作り手の想いもリレーでつなぐ そんな理念を持ち日々作業をしています。

全工程を経験しているのは、筆業界では割と珍しい事ではないかと思っています。
そんな事を思いながら、弊社の筆を見て頂けたら嬉しいです。

本日、ご紹介した筆は、羊毛(ヒゲ主体)学童向き半紙用の流泉でした。
流泉 E-34
穂径:11mm
穂長:46mm
全長:246mm

流泉 E-35
穂径:10mm
穂長:44mm
全長:244mm

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

検索