1. HOME
  2. クラウドファンディング活動報告vol.2

クラウドファンディング活動報告vol.2

当社は、来月創立120周年を迎えます。

改めて当社の歴史を辿り、創業当初や初代、二代目の頃に思いを馳せてみます。

一番古い写真は、こちらでしょうか。
初代井原東(あずま)夫妻は、右の2人
2代目井原思斉(しせい・本名:井原卓蔵)夫妻と2人の娘、出生時の写真です。

昭和19年~20年頃

貴重な初代の写真がもう1枚ありました。
年代は、昭和26~27年頃
初代井原東と孫(二代目の二女)美乃里←後に3代目丹羽宏と結婚し、仿古堂を引継ぎます。

 

 

 

 

 

当時を物語る貴重な記録写真です。

時代が少し逆になり、昭和10年前後
書道学習中の井原卓蔵(のちに二代目)

 

 

 

 

 

 

 

思斉は自ら書を嗜み、芸術文化や民藝への関心が深く、多くの文化人達との交流、そして教育にも力を注いだようです

家ではいつも書斎で筆を持ち、誰かに手紙を書いていたらしい

昭和45年 井原思斉
上田桑鳩先生との2人展 福屋百貨店にて

昭和後期〜平成は、三代目丹羽宏

令和は、四代目井原倫子(同じく二女です(^-^)v)

こうやって並べると歴史ありの120年

振り返れば、今より厳しい時期もあったはずです。
こうして受け継いだバトンを今、途絶えさせる訳には行きません。

これまでのやり方では、生き残れない事は、なんとなく肌で感じでいます。
まだまだ受け止められていない反面、地方だからこそのチャンス
熊野という筆の歴史ある地で頑張り続けた意味を考えながら

ものづくりのこだわりを活かし、職人を育て、守る伝統は守り
時代の波に呑まれないデジタル革命を行い
画期的な発想と、時代にあった企画を打ち出しつつも
老舗ののれんに傷つけないよう、誇りを胸に、2020年もあと4ヶ月

力の限り闘いたいと思います。

みなさまからのお気持ち、しっかりと活力に変えて行きます。
ご支援いただき、本当にありがとうございます。

もうしばらくお付き合いください。あと13日
#クラウドファンディング #CAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/307850

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

検索