1. HOME
  2. 仿古堂創業120周年記念展 作品紹介②

仿古堂創業120周年記念展 作品紹介②

なんと明日は、月末!
いつも以上にバタバタしている当社事務所です^^;;

と、日々の業務に追われてますが、今週の金曜日
仿古堂創業120周年を迎えます。

現在、筆の駅ギャラリーで開催されています 弊社の記念展の作品 から
作品を紹介したいと思います。

中央の圓 この書は、 上田桑鳩 先生の作品です。

比田井天来先生の直弟子にあたる 上田桑鳩(うえだそうきゅう)先生
前衛書のパイオニアである上田桑鳩先生
当社二代目 井原思斉に対し

全て同じ長さの毛の穂(筆)を作ってほしい

そんなものは筆ではない!

いいから俺のいうとおりに作ってくれ!

このような、すったもんだの挙句、日本発の先揃えの筆が誕生したのです。
「先揃え」という言葉もこの筆発祥なんですよ。
その筆は。

「暖心」
暖かい心で書道に向う…という 上田桑鳩 先生の想いが込められています。
暖心シリーズは、 上田桑鳩 先生 の選定筆として、今も製造・販売しております。

画像クリックで公式ショップサイトへ

当社ショップでも、暖心の説明を記載していますので、よろしければ!
https://houkodou.shop-pro.jp/?pid=96450448

上田桑鳩 先生  仿古堂にて

上田桑鳩 先生 が当社の筆「暖心」で書かれた有名な書(文字)があります。
みなさん、ご存知しょうか。
この「日本経済新聞」の文字です。

急に身近に感じられたのではないでしょうか。

このように仿古堂120年の歴史の中には、書道界を牽引された
先生方との交流もさかんに行われていました。

これからも歴史に残せる筆を作り続けて行くために
職人達は、日々切磋琢磨しております。

次の100年に向けて、次世代に向けて

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

検索