1. HOME
  2. 仿古堂工房 芯立て 筆作りは分業制

仿古堂工房 芯立て 筆作りは分業制

筆作りは分業制 芯立て

この筆は?

放心1号の穂です。

芯立て工程であり、現場はコマ入れと言っている作業風景です。

この後、先日紹介した「衣毛巻き」の工程になります。

筆作りの各工程では、作ったものが完全に乾くまで、次の工程に進めません。

これは実際に穂を乾かしている所です。
放心1号の穂径ともなると完全に乾くまで時間がかかります。
気長な待ち時間も筆作り工程の一部です。

これは繰込み後の乾燥風景
筆を入れている缶も今ではなかなか手に入らなくなりました。。。

そして、紹介が遅くなりました。解る方には解りますかねぇ~ 笑

今回の動画で作業しているこの方は!!

そう!伝統工芸師の香川さん!!

放心1号は、当社の中でも、穂の径は大きな方

画像クリックで、公式ショップ「放心シリーズ」へ

当社でこの大きな穂を作れるのは、香川さんぐらいといっても過言ではありません。

いつまでもお元気で、筆作りの楽しさを伝えて欲しいです。

YouTubeの動画も集まって来たので、仿古堂工房として
サイトにまとめようかと思っている所です。

当社もそろそろ来年春に向けた筆作りが始まりつつあります!!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

検索