熊野筆は職人の手によって1本ずつ丁寧に作られます。

トップ >  仿古堂の筆 > 筆のできるまで メニューヘ

筆のできるまで

1. 選毛(せんもう)・毛組み(けぐみ)

1. 選毛(せんもう)・毛組み(けぐみ)

下仕事

まず、毛の選別作業から始めます。原毛を選び筆先の使う場所に応じて同じ長さや質で揃えていきます。毛を一房ずつ手に取り、選別します。 指先の感覚で選別するという大変緻密な作業で数十年の経験が必要になるという筆作りに大変重要な工程になります。

2. 火熄斗(ひのし)・毛揉み(けもみ)

2. 火熄斗(ひのし)・毛揉み(けもみ)

下仕事

選別された毛は、「毛揉み」と呼ばれる工程に入ります。毛揉みは、動物の毛に含まれる脂分や汚れを取り 除き、毛の質を整えます。墨の含みを良くするための重要な工程です。毛は、籾殻(もみがら)の灰をまぶします。これに、熱した「火熄斗」(ひのし)を当てます。火熄斗をあてる時間や温度は、毛の種類によって微妙に調整されます。 火熄斗された毛を素早く鹿皮に巻き、毛を曲げないように、またまっすぐするように揉み込みます。熱を含ませ、 揉み解すことで脂分や汚れを取り除きます。

3. 毛そろえ

3. 毛そろえ

下仕事

櫛抜きして綿毛(わたげ)を取り除いたあと、少量ずつ毛を積み重ね毛をそろえていきます。 何度も金櫛をかけて、毛の質を整えていきます。

4. 逆毛(さかげ)・すれげ取り

4. 逆毛(さかげ)・すれげ取り

下仕事

毛先を完全にそろえ、半差し(小刀)で逆毛、すれ毛等を指先の感触を働かせながら抜き取ります。良い毛だけを徹底的に選り抜きます。

5. 寸切り

5. 寸切り

下仕事

筆の穂先は、5つの部分に分かれています。毛先の「命毛」、その下の「のど」 中程の「肩」、根元に近い「腹」そして、一番根元の「腰」です。
寸切りは、この5つの場所に応じて毛の寸法を整える作業です。それぞれの部位の寸法を取った寸木を乗せ、毛先を基準にして切りわけます。
切目が正確に揃うよう、何度も確認しながら徐々に整えていきます。
このようにして部分毎に整えられた材料の毛は、塊(くれ)と呼ばれるかたまりにします。

6. 練り混ぜ(ねりまぜ)

6. 練り混ぜ(ねりまぜ)

台仕事

練り混ぜは、水に浸し、毛組みにむらができないよう整える作業です。寸切りした毛を薄く広げ、薄糊をつけながら混ぜ合わせていきます。残っている逆毛などを取り除きながら、長さの異なる毛を均一に重ね何度も混ぜ合わせていきます。

7. 芯立て(しんたて)

7. 芯立て(しんたて)

台仕事

芯立ては、練り混ぜした平目を1本分の大きさに分け、筆の形を作って行く工程です。平目から割った芯を駒と呼ばれる芯立て筒に通し、筆の形を作っていきます。
手の感触を頼りに、不必要な毛を抜き取り乾燥させます。

8. 衣毛巻き(ころもげまき)

8. 衣毛巻き(ころもげまき)

台仕事

穂首の芯の周りに巻きつけられる毛を衣毛という。衣毛には芯に使われるものより上質なものが使われます。
万遍なく衣毛を巻くには、特に高度な技術が必要です。奇麗に衣毛が巻かれた穂首は、自然乾燥します。乾燥した穂首の根元を麻糸でくくります。

9. 糸締め(いとじめ)

9. 糸締め(いとじめ)

毛の根元を麻糸で結び焼きゴテを当て、すばやく焼き締めます。これで筆の穂首の完成です

10. くり込み(くりこみ)

10. くり込み(くりこみ)

仕上げ

筆管(ひっかん)に穂首をすえつける工程が、くり込みです。筆管は木や竹から作られています。
くり込みの台の上で筆管の軸を回転させ、穂首は入りやすいように内側を均等に削ります。
軸に接着剤を付け穂首をはめ込み、しっかりと固定します。

11. 仕上げ

11. 仕上げ

糊を穂首にたっぷりと含ませたあと、糸を巻き付け軸を回しながら余分な糊を取り除きます。穂首の形を整えたら乾燥させ、キャップをはめます。

12. 銘彫刻

12. 銘彫刻

軸に三角刀で銘を彫り、その部分に顔料で彩色します。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい。

082-854-0003
営業時間 9:00 〜 17:00
仿古堂のご利用時間

OPEN 9:00 〜 17:00 / 年末年始・お盆以外は営業 筆づくり工房(仿古堂2F)は土日祝が定休日(見学予約が10名以上の場合は土日祝も可能)
土曜日については工房が見学可能な日もございますので遠慮なくお問い合せください。

仿古堂のご利用時間

OPEN 9:00 〜 17:00
年末年始・お盆以外は営業 筆づくり工房(仿古堂2F)は土日祝が定休日(見学予約が10名以上の場合は土日祝も可能)
土曜日については工房が見学可能な日もございますので遠慮なくお問い合せください。