1. HOME
  2. 天鶴天來翠嘉邦:臺日書法聯展

天鶴天來翠嘉邦:臺日書法聯展

早いもので今日から3月…コロナ禍で日本国内が自粛モードだった中、台湾の #台湾嘉義市立美術館 では上記のタイトルで展覧会が1月23日より2月28日まで開催されました。なんと入場者数は2万人超えだったようです。


昭和初期、台湾と日本は書を通して素晴らしい交流が生まれていました。
天来先生が台湾に渡り、講演や揮毫をなさっていたとか。
そしてその時に随行しながら墨を擦っておられたのが #陳丁奇 先生。


今回の展覧会は台湾在住の陳先生門下である #李郁周 先生(現在 #甲子書道会 の代表)、そして日本在住の天来先生門下である #高橋蒼石 先生(現在 #書宗院 理事長)との交流によって実現しました。


天来先生の弟子、孫弟子、曽孫弟子達が台湾と日本に枝分かれし、現代の書道界を支えてくれています。
時代を超え、このように一緒に書道展を開くことができたこと、陰ながら後援をさせていただきました我が社も心から嬉しいです。

天来先生と言えば…現在の我が社のロゴとしても活用させていただいている

仿古銘筆


2代目井原思斉も台湾での写真が遺っています。
もしかしたら、天来先生と同行していたかもしれません。
次回アップしましょう♪
詳しくは #天来書院 さんのこちらをご覧ください。
http://www.shodo.co.jp/blog/yume2021/99/
そして展覧会の様子はこちらのYouTubeにてご覧いただけます。
https://youtu.be/fLRfRZD8JQw

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

検索